HOME | GLP-1ダイエット

GLP-1 ダイエット

〜辛いダイエットをしたくない方へ〜

これまでのダイエットでは毎日の運動を続けたり、食事の量や回数を我慢したりと苦痛を伴うものが中心でした。そのため継続できずに失敗してしまったり、一度は成功したもののリバウンドしてしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
GLP-1とは、小腸から分泌されるホルモンのことで、主にインスリン分泌を促すことで血糖値のコントロールをします。このGLP-1の分泌量を増やすことで食欲を抑えつつ脂肪の分解をし、太りにくく痩せやすい体質を作ります。

GLP-1ダイエットの特徴

GLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)とは、小腸から分泌されるホルモン(血糖値を下げる働きをする)の1つで、私たちの身体に存在しています。
GLP-1ダイエットの特徴は、GLP-1を経口薬または注射によって体内へ取り込み胃・小腸・肝臓・脳に痩せるための活動を始めさせ、太りにくく痩せやすい体質に改善していきます。
 
日本では糖尿病の治療薬・アメリカでは抗肥満薬として承認されており、医学的にも安全なお薬です。
M&Mクリニックでは、注射処方薬または経口処方薬の2種類から選ぶことが可能です。それぞれの薬のメリット・デメリットを踏まえ、お客様の生活スタイルに合わせた方法でダイエットに取り組むことができます。
 
1ヶ月に落とす理想の体重は〈現在の体重の5%以内〉と言われています。5%以上減量してしまうと、身体は生命の危機を感じて減量前の体重に戻そうとしてリバウンドする可能性があります。

GLP-1ダイエットの痩せるしくみ

GLP-1ダイエットの痩せるしくみ

つらい食事制限がありません
GLP-1ダイエットのメリット、つらい食事制限がありません

食欲を抑制する効果があるので、少ない食事量で満腹感を得られます。つらい食事制限で続かなくなることはありません。

無理な運動をする必要がありません
GLP-1ダイエットのメリット、無理な運動をする必要がありません

自然に食事量が減るので、無理な運動を頑張る必要はありません。気軽に取り組むことができます。

サクセンダ【注射処方薬】

  • 注射タイプのGLP-1製剤です。
  • 同じ注射タイプのGLP-1製剤は複数存在し、代表的なものにビクトーザやオゼンピックがありますが、海外で肥満症の治療薬として承認を受けているのが唯一サクセンダになります。
  • 注射が怖い方もいらっしゃいますが、最新の細く短い針のため痛みを伴うことほとんどはありませんのでご安心ください。
  • どうしても注射が苦手な方、うまくできる自信のない方には、経口薬のリベルサスをオススメしています

販売価格(税込)

サクセンダ
【セット内容】
  • ・サクセンダ1本(18mg/3ml)
  • ・注射針28本
  • ・アルコール綿28個
  • ・使用済み針回収ケース
  • ・返信用封筒
  • サクセンダ(Saxenda®)
  • 1セット¥24,800

診察料金(税込)

    • ¥1,000
    • ※お薬をご購入された場合は診察料金0円
    • ※上記料金以外に、別途送料がかかります。

使用方法

サクセンダは食前、食後関係なく1日1回同じ時間に、ご自身で注射するお薬です。

  • ペン型の注射器に、付属の針を付けていただき、お腹や太もも等の注射部位を消毒し、注射していただきます。
  • 初めは一番少ない0.6mgから始めてください。
  • 1~2週間ごとに0.6mgずつ増やしていき、最大1.8mgまで増やしてください。
  • 1.8㎎よりも投与量を増やす場合は、必ずLINEにて相談が必要となります。
  • 副作用症状が出てしまったり、効果が十分に出て体重が減りすぎている状態では増やさずにそのままの量か、その量から0.6mg減らした量で調節してください。
  • 使用した針は医療廃棄物となるため、普通ゴミと一緒には捨てれません。針回収ケースと返信用封筒を同梱しています。毎日使用済みの針を入れ、一杯になれば返信用封筒に入れてポスト投函して下さい。

副作用

お薬の使用し始めは、体が慣れていないため副作用の症状が起こりやすいですが、体が慣れてくれば症状は治まっていきますので、ご安心ください。

副作用

低血糖(ふらつきや冷や汗の症状)、

倦怠感、胃のむかつき、悪心、嘔吐、

食欲不振、便秘、めまい、眠気

重篤な副作用としては、膵炎、胆嚢疾患、腎機能障害、自殺念慮などがあります。心拍数を上昇させるため、動悸が起こる場合は、医師にご相談ください。

禁忌・注意事項

【服用いただけない方】
  • 18歳未満または70歳以上の方
  • 糖尿病、膵炎、胆石症、胆嚢炎、重度の腎機能障害、肝機能障害のある方(高血圧・脂質異常の方はBMI:27以上の方は処方可能です)
  • 大きな腹部手術の既往のある方、腸閉塞の既往のある方
  • 摂食障害の方
  • BM18.5未満の方
  • 体脂肪率が、男性の場合15%未満、女性の場合25%未満の方
  • 内分泌疾患やステロイドなどの薬剤による肥満の方
  • 甲状腺疾患のある方
  • 多発性内分泌腫瘍症2型の家族歴のある方
  • 妊娠中、授乳中の方
  • うつ病や自殺企図のある方
  • 精神安定剤を服用中の方
  • 過度のアルコール摂取者
  • サクセンダの添加物(リン酸水素二ナトリウム二水和物プロピレングリコール、フェノール)にアレルギーがある方

リベルサス【経口処方薬】

  • 今までGLP-1製剤は、消化管で吸収されにくく、また胃液中の酵素により分解されてしまうため、経口投与は適さないとされ注射薬しかありませんでしたが、リベルサスは世界で初の経口GLP-1製剤です。
  • 医薬品一般名をセマグルチドといい、糖尿病治療薬としては、承認されていますが肥満治療薬としては未承認のお薬です。(アメリカでは肥満治療薬として承認されています。)
  • 1日1回、1錠を服用するだけなので手軽に始められる、また注射が苦手な方でもGLPー1ダイエットにチャレンジしてただけます。
  • 服用後は一定時間の飲食ができないため、食事までに時間のとれない方には食事に左右されない注射タイプのサクセンダが生活スタイルには適しています。
【経口処方薬】
リベルサス
  • リベルサス3mg 30日分 
  • ¥13,900
  • リベルサス7mg 30日分 
  • ¥22,000

診察料金(税込)

    • ¥1,000
    • ※お薬をご購入された場合は診察料金0円
    • ※上記料金以外に、別途送料がかかります。

服用方法

  • 空腹時にコップ約半分の水(120ml以下)と共に1日1錠を服用してください。
  • 他のお薬やサプリメントは一緒に服用しないでください。
  • リベルサス服用後は、30分〜2時間程度、お食事や水分を摂るのはお控え下さい。
  • また、砕いたり溶かして服用したり用法用量を守らないと、薬剤の吸収が低下して効果が期待できなくなってしまいます。
  • 必ず用法用量をお守りください。

副作用

お薬の使用し始めは、体が慣れていないため副作用の症状が起こりやすいですが、体が慣れてくれば症状は治まっていきますので、ご安心ください。

副作用

低血糖(ふらつきや冷や汗の症状)、

倦怠感、胃のむかつき、悪心、嘔吐、

食欲不振、便秘、めまい、眠気

禁忌・注意事項

【ご使用いただけない方】
  • 18歳未満または70歳以上の方
  • 糖尿病、膵炎、胆石症、胆嚢炎、重度の腎機能障害、肝機能障害のある方(高血圧・脂質異常の方はBMI:27以上の方は処方可能です)
  • 大きな腹部手術の既往のある方
  • 腸閉塞の既往のある方
  • 摂食障害の方
  • BM18.5未満の方
  • 体脂肪率が、男性の場合15%未満、女性の場合25%未満の方
  • 内分泌疾患やステロイドなどの薬剤による肥満の方
  • 甲状腺疾患のある方
  • 多発性内分泌腫瘍症2型の家族歴のある方
  • 妊娠中、授乳中の方
  • うつ病や自殺企図のある方
  • 精神安定剤を服用中の方
  • 過度のアルコール摂取者